書を通じて皆様の心に寄り添えますように。

教室のお稽古風景を紹介させてくださいね。

 

 

彼女、鼻の下に黒い墨を付けて一生懸命書いてます。

ただ文字のことだけを考えて。

普段は本当に天真爛漫で感情豊かな子供さん、お稽古始まる前はテンション高めなのですが
いざ始まるとこんな感じなのです。。

 

ただひたすらに、書く

書くことだけを考えて。

 

そう!

これ!

私が、みなさんに伝えていきたい想いは、これ!

 

思わず撮影してしまいました。

 

年齢を重ねていけばいくほど、いろんなことを考え 考えすぎるほど考え 八方塞がりのような状況を自分で創り出してしまっているように思います。

彼女のようにシンプルに進めばいいのですよね。

そして、考えすぎたり八方塞がりになった時は、文字を書いて無になる。

心を整える。

今月の筆ペンお稽古は、

Louiza May Alcottさんの言葉です。

There is always light behind the clouds.

アルファベットを書いて 自分の筆圧を調整していきます。

 

そして、それぞれの個性ある作品を今日の思い出に持ち帰っていただきます。

 

 

 

 

ただ書きましょう。

シンプルに生きていくために。

 

人間関係に戸惑う時代だからこそ、

何もかもが便利になった時代だからこそ、

書きましょう。

 

自分の文字、手書きの文字で想いを伝えるためにも。。。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

    • 中野信也
    • 2017年 5月 11日

    シンプル
    そう三昧の境地いいですね

  1. この記事へのトラックバックはありません。