書を通じて皆様の心に寄り添えますように。

東京に4度目の緊急事態宣言

荒れ狂う天気

繰り返される日々

何を知らせてくれているのかな

なんて思ったりします。

 

身、口、意  という三密

を伝えた仏教、そして弘法大師 空海

 

気になります。

 

「身」 を整える

姿勢を整える 意識を整える 軸を整える

今しきりに電波に流れてる、マインドフルネス

というところなんかな〜

 

「口」 言葉、を整える

日常使う言葉

相手に伝える ということ

 

「意」 心 を整える

心だったり 想いだったりという

意識

 

そんな 仏教の三密

 

コロナで言われる 三密は

 

密閉

密集

密接  を避ける

 

全く違うようでいて

 

閉ざして何を知り

集まらず孤独の中何を感じ

接することをやめ何を求めるのか

 

大昔、疫病が流行り 世の中が不安に襲われた時

なぜ医療の発達していない世で 疫病が鎮まったのか

 

身口意へ意識を向けるため

写経

書いていくうちに 無 になる

心を鎮める

 

拠り所のない 不安

迫りくる 不安

 

を感じ

気づく

 

 

手で書く

ということの

無限の力

 

 

揺さぶられる思いをして進化していく

揺さぶられているときに どう行動するか

 

 

過去の人たちは自分の命を捧げ

世を整えていかれたんだろうな

 

身を震わせるほどの想い 揺さぶりと向き合われた

 

今の平安に感謝する

 

まずは自分に一番近いところから

 

今どうするのか

今何をするのか

今どう動くのか

 

自分にも問い また進みたいと思います🍀

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
コメントは利用できません。