書を通じて皆様の心に寄り添えますように。

 

九份の町

赤い提灯とどこかノスタルジックな感じがまさに千と千尋の世界を思わせます。

 

 


 

 

台湾茶を最高のロケーションでいただきました。

 

 

台湾の夜市も出かけましたよ。

 


 

 

台湾のお寺なんですって。

夜はこんなに煌びやかです。

 

 

 

そして、
故宮博物館

書 、 画 、  私にとって、「吸収」という言葉でしかない時間でした。

 




 

 

タイミングよく、劉先生の二代前の先生の展示も拝見することができました。

 

硬くて荒々しい山水画はあまり好きではなかったのですが、このやわらかい画には魅せられてしまいました。

やさしさ、やわらかさ、透明感。

 

 

 

 

展示のバランスが最高です。

赤と黒、文字の配置、書風 そして照明、ベンチの位置までもが素敵でした。

 

 

 

描かれた絵の中に、生きている人

照明と水墨画により創り出される、現実の中でのモノクローム

忘れられない光景です。

 

 

 

 

何もかもは 「自分」 で始まるんだ、始められるんだ、ということがわかった旅でした。

答えは、簡単。

すべてに感謝します。そして、はじめます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。