書を通じて皆様の心に寄り添えますように。

手本に合わせて

美しく書く

美しく書きたい

だから

書道を習いたいんです

という要望に沿って 教えさせていただいてきました。

 

もちろん 今もそのご要望もお応えしております。

 

ですが、ご自分の文字を消すことなく

ご自分の良さを無くすことなく

美しさを求めていくには。。。

 

ということを考えさせてもらいながら

 

 

一番左が最初に書かれた文字です。

 

 

 

 

 

右側の作品の方が 筆運びがいい感じですよね。

 

 

約1時間〜1時間半ぐらいのお稽古時間で

文字を変化させていきます。

最初は、平安時代 橘逸勢 伊都内親王願文

から 咲 運

を臨書していきます。

形、筆使い、太い細い、速い遅い

 

そこから 自分を出す描き方へ

アドバイスさせていただきます。

 

 

もう少しご紹介させてくださいね。

こちらからは、向かって右側が最初に書かれた作品です。

 

↓伸びやかな運筆です。

 

↓半紙からはみ出したい、外へ出ていきたい感じです。

 

↓整いながら、可愛らしく。

 

 

↓花柄は裏に描かれています。発想が柔軟です!

素敵。。。

拍手👏

 

 

↓こちら L は左手 で書く練習。

もちろん右手も練習しておられます。

約2年前 参加された時は 筆文字は全く書けず 筆圧も出すことが出来なかった方ですが どんどん表現力アップ中です。

ダンスが好きな方だけあって コツを掴むと独自の世界が織りなされていくかもですね。。。

楽しみです。

 

このように、皆さん日々進化中でございます。

どなたの文字も美しいのです。

美しく見せることができるのです。

 

過去の偉人たちが残してくださった文字を

息遣いをたどりながら

それぞれの形で

それぞれの思いで

描いていきましょう

 

私がアドバイスさせていただきます。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
コメントは利用できません。